自宅で過ごす時間をより快適にして人生を楽しむ

現状回復について

アンテナを取り付けたいならプロに任せるのが一番です。24時間受け付けているこちらを利用すればすぐに業者が見つかりますよ。

現状回復費用でトラブルにならないために

賃貸物件の明け渡しの際には借主は現状回復をしなければなりません。しかし現状回復に伴って敷金をめぐるトラブルが発生することがあります。このようなトラブルに合わないために注意すべき点が幾つかあります。まず契約前に貸主や不動産会社に現状回復の基本的説明をしてもらいます。次に入居前の部屋を貸主や不動産会社とともに入念に確認して、さらには写真に撮ったり記録を残したりしておきます。退去する際は、貸主や管理会社と部屋の状況を確認しますが、この時も写真を撮っておく方が良いです。最後は書面にて現状回復費用について説明をしてもらいます。この様にトラブル防止のためには写真など客観的な証拠を取っておくことが重要です。

借主負担・貸主負担はどう違うのか

賃貸物件に住んでいて、どこまでが借主の現状回復負担にならない範囲、つまりは通常の使用による損耗にあたるのか気になるところです。まず通常の使用による損耗は貸主負担になることを覚えておきます。壁や畳の日焼けによる変色や冷蔵庫を置いていた壁の黒ずみ、床に家具を置いていた跡などは全て貸主の負担となりますので、借主に現状回復義務はありません。しかし借主が注意していれば防げたであろう損耗は借主の負担となります。タバコなどの焦げ跡や手入れを怠ったことによるカビの発生、壁などに開けた穴などは借主の負担となります。国土交通省が作成した現状回復についてのガイドラインまありますので、困った時には参考にしてみるのも良いと思います。

敷金について

賃貸物件から退去する際に、現状回復が必要になります。現状回復は、入居の際に支払った敷金の中から負担します。しかし、工事費用が高かった場合は敷金が帰ってこないばかりか、支払いが必要になります。

Read More

スプリンクラーの価格

スプリンクラーは商業施設などにある設備で、家事を防ぐためにあります。値段は非常に高額になり、タイプも様々あるので慎重に選びましょう。維持費用もかかりますので、コストの面を明確にしておきましょう。

Read More

オフィスのデザイン

仕事の効率を上げ、雰囲気を良くするにはオフィスデザインが必要になってきます。オフィスデザインを行なうにあたって、注意したいポイントは様々あります。見積もりは少し高くしておくなどのポイントを抑えましょう。

Read More