自宅で過ごす時間をより快適にして人生を楽しむ

敷金について

基本的には敷金の範囲内で収まる費用

賃貸物件からの退去をする際に求められる事があるもの、それが現状回復工事に掛かる費用です。現状回復工事とは、賃貸物件に入居した際と同様の状態に戻す為に行うリフォーム工事に際して、発生した費用を支払うものとなっています。またこの費用の支払いにあたっては、一般的には入居する際に支払った敷金の中から、その費用を負担するものとなっています。そのため、敷金は退去時には還ってくるものだと思っていると、意外と高額の現状回復工事費用を請求されたために、敷金が戻ってこなかった、などといったことがままあることは、よく覚えておきたいポイントです。また、原状回復費用に部屋のクリーニング代金や鍵の交換費用などが含まれて請求されることも多いため、多少の出費は覚悟しなければいけないものでもあります。

現状回復工事の費用請求にあたって

しかし近年、この現状回復工事の範囲はどこまで適用される物なのかといった点が、大いに論争を巻き起こしています。その結果として出来上がった物が「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」というものです。原状回復に当たってどのような費用が請求されるのが正当なのかといったものが記されたガイドラインとなっているため、あまりにも高額な費用が請求された際などには、このガイドラインに従った再計算を求めるといった行動を起こすのがオススメとなっています。またガイドラインにおいて、居住年数が長くなればなるほど、原状回復時に入居者に求められる費用の割合が減額していくといったことが定められている点は、ぜひ覚えておきたいポイントです。

Copyright (c) 2015 自宅で過ごす時間をより快適にして人生を楽しむ all reserved.